味付けの基本は、
砂糖(酒)は素材を柔らかくして味をしみこませます。   
 塩
 酢
 醤油
 味噌の“そ”です。

4月22日に行われた料理講習会での料理です。
写真の料理以外に「のらぼう菜とシーチキンのサラダ」もありましたが、写真を撮り忘れました。ゴメンナサイ!


小田ツル子さんのお勧めドレッシング 
 フレンチドレッシング  イタリアンドレッシング  和風ドレッシング  中華ドレッシング
調味料の分量 調味料の分量 調味料の分量 調味料の分量
サラダ油 大6 2
酢     大3 1
塩・胡椒 少々
オリーブ油 大6 2
酢      大3 1
塩・胡椒 少々
クリームチーズ 適量
サラダ油 大3 1
酢     大3 1
醤油 大1
砂糖 大1
ごま油 大3
酢  大3
醤油 大3
砂糖 大3

今回使用した調味料はすべて「たべ研」が取り扱っているものです。

サラダ油:国産菜種サラダ油(鹿北製油)
胡麻油:胡麻油100%(米澤製油)
オリーブオイル:有機栽培オリーブ油(ラ・テラ・エ・イル・チェロ・ジャパン)
砂糖:洗双糖(鹿北製油)
塩:粟国の塩(沖縄海塩研究所)
酢:純粋酢(戸塚醸造)
醤油:みんなの醤油(ヤマキ醸造)
胡椒:ポナペのブラックペッパー(ミヤ恒産)


ドレッシング応用編
青葉とわかめのサラダ(中華ドレッシング)
@青葉をゆでる。
Aわかめを水でもどす。
Bドレッシングで和える。
大根サラダ(和風ドレッシング)
@大根を千切りし、少々塩を振りしぼる。
Aキューリを千切り。または、青菜をゆでる。
B和風ドレッシングで和える。
C鰹ぶしをふる。
イタリアンドレッシング
@レタス、イタリアンパセリ、キューリ、ルッコラ、トマト、チーズをドレッシングで和える。
フレンチドレッシング
@レタス、キューリ、キャベツ、ブロッコリー、ハムまたはシーチキンをドレッシングで和える。
中華風つけもの
@キューリを板ずりし、叩いて食べやすくする。
Aネギ、生姜、ニンニクを千切りにする。
B唐辛子1、2本をまぜ、中華ドレッシングで和え、一時間程度おき味をなじませる。




当日の料理はお勧めドレッシングを応用したものです。材料は「クリームチーズ」除いて、すべて「たべ研」の取り扱い品です。
「三多摩たべもの研究会の共同購入」、「たべ研のお店」、「たべ研ネットショップ」でもお求めになれます。ぜひ、みなさんもお試しください!


ドレッシング講習会(2007年4月、講師:小田ツル子さん)
 料理の名前
レシピ  材料 
春菊とワカメのサラダ   ●春菊
●ワカメ
春菊の茎(のらぼう菜の茎)と人参のキンピラ   ● 春菊の茎(のらぼう菜の茎)
●人参
 
きゅうりとくるみの甘酢和え ●きゅうり
●くるみ


料理講習会のひとコマです。小田さん、美味しい料理をありがとうございました。
ごくろう様でした。





会員のみなさんから寄せられた「わたしのお気に入りレシピ」を紹介します。
作りかたはとても簡単ですが、それぞれに一工夫がありそうです。
ぜひ、お試しください。
わたしのお気に入りレシピ.doc


Back | Top | Home


今までに「三多摩たべもの研究会」で開催した料理教室の中からいくつかをピックアップしました。

たべ研の食材を使った旬の野菜講習会(2004年4月、講師:小田ツル子さん)


磯沼ミルクファームの食材を使った料理(2003年6月、講師:磯沼正徳さん)


天然酵母パン講習会(講師:花小金井丸十製パン・山口義元さん)


Back | Top | Home